ニートの日常

ニートになり長い年月が経過するとどんどん世間離れしていきます。

普通の一般生活を送っている人と観点がずれていくため友人の数もしだいに減っていき最後は同じニート同士でつるむしかなくなります。

まずニートの生活時間帯は夜型という人が殆どだと思います。

これは昼間起きていると見たくない現実が色々と見えてしまうためニートになると何も見えなくなる夜を好むようになります。

毎日朝7時に起きるというニートは私は聞いた事がありません。大体お昼位から夕方に掛けて起きる傾向にあります。

その時点で生活時間帯が一般人とずれてくるので接点がなくなります。

次に友人は結婚したり子供が出来たり仕事が忙しくなったりでニートの相手をしている時間がなくなっていきます。

さらに一般生活をしていると色々な経験をつんでいくのに対してニートの場合は時が止まっているので精神的な成長も止まっているので普通の人とどんどん話が噛み合わなくなっていきます。

しかもニートは生活に変化がないので話をしていても面白くないです。

そして普通の方なら「いいかげん仕事をしたほうがいいんじゃない?」とアドバイスをするでしょう、しかにニートは全く聞く耳をもちませんからさらに友達が減っていくんです。

ニートも現実はみたくないのでズバッと言ってくる友人とは距離をおくようになります、そうすると付き合える友達は同じニートかそれに近い生活を送ってくれる人しかいなくなるという訳です。

私の知り合いのニートの日常生活は夕方に起きてボーっとしてタバコをすってお母さんにご飯を作ってもらいコーヒーを入れてもらい近所の本屋さんに立ち読みをしにいくか親の車でなんのあてもなくドライブに出かけて家に帰ってテレビを見てネットで2chをみてという毎日です。

うらやましいですか?

私は正直うらましかったです(笑)自分が好きなように時間を使えるなんてうらやましいと思いました。

ですが私も仕事をやめて無職になって2ヶ月程家に居た事がありましたが楽しかったのは最初の1週間くらいで最後のほうはただ無気力に時間をつぶして腐っていくだけでした。

あの状態を何年もやっているのかと思うとある意味すごいなと思ってしまいました。

私はお金の問題もあって2ヶ月しか無職生活は出来ませんでしたがニートの友人は親が金持ちなのでずっとその状態でいれるのです。

本人はどういうつもりなのか知りませんが私は旗から見ていて彼をうらやましいとは思いません。

もう中年なのに精神年齢は中学生、それが顔にも表れていて子供のような顔つきなのによくみると皮膚は劣化してオジサンなんです。彼を見ているとああならなくてよかったなと本当に思います。

  • entry26ツイート
  • Google+

PageTop