金融事故履歴として登録される返済遅延と審査に対する影響

金融業界には、情報を共有しているシステムがあります。

いわゆる金融事故履歴なども、システムに登録される場合があります。

それは消費者金融から借りれるかどうかに大きく関わってくるのです。

例えばある金融会社から、融資を受けたとします。

それで借入をした時は、もちろん返済の義務が生じる訳です。

しかし何かの理由で遅延になってしまう事も、たまにあるでしょう。

それが、上記で触れた共有システムに登録される事になるのです。

履歴が残る事に

ところでブラックの方々は、多くのサラ金の審査で落とされています。

申し込みを行ってみるものの、落とされてしまったという事例もよくあります。

遅延は金融事故として取り扱われる事になるので、審査にも大いに影響を及ぼす訳です。

それで多くの金融業者は、必ず自己履歴などは確認できます。

消費者金融も例外では、ない

大抵の金融業者はPCを用いて審査を行っていますが、もしも金融事故の記録があった時には、システムにて赤い色で表示されるのです。

ですから審査担当者としては、ブラックかどうかも一発で分かります。

それが理由で、消費者金融で落とされる事例は枚挙にいとまがありません。

ですから金融会社から借りた時は、返済日には気をつける必要はあります。

履歴の残る期間

ただし金融事故履歴も、ずっと残る訳ではありません。

ある程度期間が経過しますと、返済に関する履歴も消えることになるのです。ちなみに現在の自分の履歴がどういう状況になっているかは、信用情報機関に問い合わせをしますと、確認する事もできます。

郵送でも事務所への訪問でも、履歴を確認する事は可能です。ですから気になる時には、問い合わせをしてみるのも一法です。

  • entry30ツイート
  • Google+

PageTop